ホーム | 書籍 > R・W・ファスビンダーファスビンダー、ファスビンダーを語る 第2巻・第3巻 
商品詳細

ファスビンダー、ファスビンダーを語る 第2巻・第3巻 

販売価格: 5,500円 (税込)
数量:
映画監督として新しい段階へ踏み出した70年代から亡くなる直前まで。
その活動のすべてを語る。


死後30年以上経ったいまも、世界中の映画作家や映画ファンたちを魅了し続けるファスビンダー(1945〜82)。演劇時代から初期のキャリアを語った第1巻に続き、映画監督として新しい段階へ踏み出した70年代(第2巻)、念願の巨編『ベルリン・アレクサンダー広場』をはじめ、名作を次々に生み出した最後の3年半(第3巻)。
ファスビンダーがその活動のすべてをありのままに語る、完全版インタビュー集、ここに完結(第2・3 巻合本)



第2巻(1971〜1977)
 /『四季を売る男』『不安は魂を食いつくす』『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』『フォンターネ・エフィ・ブリースト』『デスペア』ほか

第3巻(1978〜1982)
 /『マリア・ブラウンの結婚』『リリー・マルレーン』『十三回の新月がある年に』『ベルリン・アレクサンダー広場』ほか



要するに、映画をつくってるぼくの知り合いでぼくが好きな人間は、みんなどこか狂ってるんだよ。彼らにとっちゃ、それがセラピーだっていうことだし、みんな映画つくってないと生きていられない人間なんだと思うね。ぼくだってそうだし、少なくとも何かやってないと駄目なんだ。ものを書くとか、生産的に本を読むとかね。生産性、そこがまさに要点なんだよ。でもぼくには映画をつくるのが一番いい。
・・・・・・ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(本文より)

〈著者紹介〉
■ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー Rainer Werner Fassbinder
一九四五年ドイツ・バイエルン州バート・ヴェーリスホーフェンに生まれ、一九八二年ミュンヘンで死去。そのわずか三十七年の短い生涯のなかで、四十作を超える長編映画を監督、同時に舞台演出、脚本・戯曲執筆、俳優活動など多岐にわたる驚異的な活動をおこない、一九六〇年代後期から八〇年初期にかけて全盛をきわめたドイツ映画の新しい波、いわゆる「ニュー・ジャーマン・シネマ」の最重要監督とされた。その見紛うことなき唯一無比の個性に彩られた挑発的かつ人間の奥底をえぐる作品の数々は、今なお世界中に刺激と影響を与えつづけ、オゾン、アルモドバル、シュリンゲンジーフをはじめ、ファスビンダーに魅了された映画作家やファンはあとを絶たない。


「ファスビンダー、ファスビンダーを語る 第1巻+第2巻・第3巻セット」
セット発売特価:6,500円(税込) 


商品詳細
仕様:A5判/並製本/560ページ
ISBN:978-4-86538-038-5
発行:boid
著者:ローベルト・フィッシャー 編  明石政紀 訳

ファスビンダー、ファスビンダーを語る 第2巻・第3巻 

販売価格: 5,500円 (税込)
数量:

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス